リサーチやメディア研究をしながら、最新の話題をピックアップ。過去のトピックスは、「e-dicoフランス」にアクセスしてください。


Terrorisme テロの犠牲者への追悼式

1998年から2つのアソシエーションが主催してきたテロへの犠牲者の追悼式が、今年も9月19日にパリのアンヴァリッドで開催されました。 9月19日は、1989年の航空テロ事件が起きた日です。今回は、2015年11月13日にパリで起きたテロの被害者の家族らで結成した新しいアソシエーション13onze15も加わりました。

追悼式では、犠牲者の家族やテロの現場に居合わせた生存者が演説をし、前年の9月19日以降、テロの犠牲になった230人の名前が読み上げられました。

今回は、オランド大統領が主催する国家追悼式として開催され、来年に控えた大統領選を前に、数多くの主要政治家の姿も見られました。 オランド大統領は、テロ行為の被害者への補償金支払いシステムを改革すると発表しました。

テロの犠牲者を支援するアソシエーション

(2016年9月19日)

Déradicalisation イスラム過激派防止対策

イスラム過激派に影響を受けている若者を迎え、過激化を防止するセンター(CPIC)が9月13日、ロワール地方にオープンしました。

これは、イスラム過激派に傾注する若者が増えていることから政府が5月に発表したイスラム過激派を防止する対策の一環で、 2017年末までにフランスの各地域に1カ所ずつ設けられる予定です。

ロワール地方に出来たCPIC第1号のセンターで受け入れるのは18〜30歳の男女で、最長10ヶ月、最大25人。対象となるのは、脱過激派の意志がある若者で、 当局の過激派リストに載っている者やシリアへの渡航を試みた者は受け入れられません。

地元住民から安全性の問題などが指摘されているほか、脱過激派の効果を疑問視する識者もいます。

(2016年9月14日 Franceinfo 、他メディア各社)

これまでフランス国内で起きたイスラム過激派をめぐるニュースは、Islam radical のページにまとめています。)

Environnement 7月から環境保護強化

7月1日から、スーパーのレジや商店、マルシェなどで配布される使い捨てプラスチック袋が禁止されます。 環境省によりますと、2017年1月からはレジだけでなく全面的に配布禁止となり、野菜、果物、チーズ、肉などを入れることが できるのは紙袋か、あるいはコンポスト可能なバイオベースプラスチック袋のみ認められます。

また、パリ市によりますと、1997年1月1日以前に車両登録した一般乗用車と、1997年10月1日以前に登録した商用車、 1999年6月以前に登録した二輪車は、平日8時から20時までの走行が禁止されます。
(2016年7月1日 環境省パリ市


相次ぐテロ未遂事件:女子どもを遠隔操作する男

フランスの公立小学校の新学期は9月1日。ニュースでは、テロの危険が高まっているため、学校付近で警察官が警備をしているところもあると報道していました。 息子が通う公立小学校には警察官や軍の姿はありませんでしたが、喜ぶべきか懸念すべきか。テロの危険は身近に迫っていたようです。

9月最初の日曜日、ノートルダム大聖堂の近くでガスボンベを積んだ乗用車が見つかりました。この不審車両に関わった女らが、パリの主要駅でテロを計画していたということで身柄を拘束されました。 黒いスカーフを被った女が警察官に取り押さえられる瞬間がテレビに何度も映し出され、不審車両事件がまたもイスラム過激派によるものだったことがわかりました。不審車両事件は、ガスボンベを 爆発させようとしていたところ、近所のカフェの給仕を警察官と勘違いした女が逃走したため、大事には至らなかったということですが、駅でのテロを計画していたと聞いてぞっとしました。 このテロ未遂事件で女4人が逮捕されました。

このあと、15歳の少年らがテロを計画していたとして、パリと近郊で3人の少年が別々に身柄を拘束されています。

フランスのメディア各社は、フランスの女や少年らを携帯アプリを使ってシリアのイスラム国から指示を出しているフランス人メンバーがいると伝えています。

(2016年9月15日 FBのOffice MaMiページ


CONTACT

フランスの自由業者として正式登録。

映像制作のコーディネーション、ニュース取材、リサーチなどを行います。お見積りやご相談を承ります。

お問い合わせ

FacebookのOffice MaMiページは、パリやフランスの話題が随時アップされていきます。また、各地の動画や写真が掲載されていますので、企画書作成などにお役立てください。


パリコレのコラボ

フランス人の若手デザイナーJeremy BUENOと、フランス人も驚くヘアメイクをプロデュースし続けているSoah iが 今夏もパリコレ・オートクチュールに向けてコラボを実現。フランス・メディアも注目しました。

(2016年7月3日 Jeremy Bueno Couture

実績から役立つ情報をピックアップ

ソニーストア

パリからの旅

nice
冬の南仏も魅力的
コート・ダジュール
ミネルヴォア
自然地区
ミネルヴォア
サンプル
モンブランのふもと
シャモニー

パリの旅

ポンヌフ
雑記帳からピックアップ
パリガイド